チェンソーマン

 

チェンソーマン?と思った方。

これからあらすじを説明していきます。

 

チェンソーマン‐あらすじ

月収6万円、
この前打った腎臓が120万、
右目が30万、・・残りの借金が3804万円

悪魔一体殺せば、だいたい30万

やっぱデビルハンターが一番儲かるな。

 

親の借金を支払うデンジ(主人公

彼のいいところは逆らわないところ、と彼に悪魔狩りを依頼するヤクザに言われています。

 

食パンにはジャムを塗るものらしい。

そんな普通の話を夢として友だちのポチタに語る極貧生活のデンジ。

 

親が死に、次までにお金を作らなければ臓器が売られてしまう。

お金をつくらなければ。

そんな中で会ったチェンソーの悪魔ポチタとデンジは契約をして、一緒に暮らすようになりました

 

お金がない中、デンジは夢を見ます。

食パンにジャムを塗る、女といちゃいちゃする、部屋でゲームをする、抱かれながら眠る。

そんな夢を語るなか、デンジは血をはきました

虚弱体質、貧乏、学校にも行っていない、そんな生活に不自由ばかりのデンジ。

デンジの母親は心臓の病気で血を吐いて死んだらしい。

自分もそうなるかもしれない。

そんなときに悪魔狩りの依頼がきました。

 

いつものようにヤクザの事務所に出向きます。

すると、ふいうちをうけて胸を友だちのポチタ共々突かれるデンジ

ゾンビの悪魔がいて、悪魔はヤクザをすでにゾンビに変えて操っていたのです。

悪魔はその力でみんなをゾンビに変え、デビルハンターを根絶やしにしようとたくらんでいました。

 

ゾンビに襲われたデンジはばらばらにされてしまいました

そのデンジの死体から、ポチタに大量の血が分け与えられます。

 

デンジはかつて言っていました。

悪魔には…死んだ人の体を乗っ取れるヤツをいるらしい
ポチタにそれができるんだったら……
俺の体をポチタにあげてーんだ…

そして、それが実行されたようです。

「普通の暮らしをして
普通の死に方をしてほしい
俺の夢を叶えてくれよ」

 

生き返ったデンジ
ポチタは話しだす。

私はデンジの話を聞くのが好きだった。
私の心臓をやる かわりに……
デンジの夢を私に見せてくれ

 

デンジはポチタと一体になり、凄まじい力を手にします。

チェンソーマンになったのです。

しかも、意識はデンジのまま。

悪魔とゾンビになった人々をデンジは切り刻みます。

 

敵を倒し終えて、身体がふらふらになったとき、1人の女性が現れました。

デンジはその女性、マキマに抱きつきます。

マキマは優しく抱きしめ返します。

マキマは公安の人でした。

 

マキマは語ります。

デンジに残された選択肢は二つ。

・悪魔としてマキマに殺されるか。

・人としてマキマに飼われるか。

 

マキマ「飼うならはあげるよ。
食パンにバターとジャムを塗って、サラダとコーヒーとデザートをつけて。」

 

デンジは飼われることになりました。

夢の内容だと思いながら。

それでも飼われる恐怖の側面としては、デビルハンターとしてもし使えなければ安楽死させられてしまうそうです。

 

悪魔に殺されそうになったり、魔人とタッグを組んだりといったストーリーが続きます。

デンジは公安を辞職したり、違反行動があった場合、悪魔として処分。

「死ぬまで一緒に働こう」とマキマに言われます。

 

全ての悪魔は名前をもって産まれてくる。
その名前が恐れられているものほど、悪魔自身の力も増すといわれています。

チェンソーの悪魔は面白い

マキマはそのように語りました。

 

創造力をかき立てられる、感情を移入させられるストーリーです。

可愛そうな子と見られるデンジですが、その生活環境は一変。
それでも、デビルハンターとして死ぬような目に何度も会います。

そんな彼の夢は普通のご飯を食べることはクリア。
生活もクリア。
後は、マキマとあわよくば仲良くなれたなら…。
そんなは叶えられるのでしょうか。

チェンソーマン‐情報

チェンソーマンは藤本タツキによる漫画作品。

週刊少年ジャンプに第1部が連載。
第2部は少年ジャンプ+にて連載予定。

2021年3月時点で累計発行部数は930万部を突破。

2021年第66回小学館漫画賞少年向け部門を受賞

既刊11巻(2021年3月現在)

こんなにも売れていて賞を受賞している作品は、あらすじだけでは語れません。

このなかにもたくさんの伏線がふくまれています。

 

チェンソーマン
最新情報をチェックしよう!