推しの子

「推しの子」のあらすじーネタバレあり。【2021年マンガ大賞ノミネート】

大人気コミック「推しの子」は週刊ヤングジャンプに連載中。

現在3巻まで出ています。(2021/2)

原作・赤坂アカ
作画・横槍メンゴ

赤坂アカさんと言えば、「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」連載中。
なんと、2作品同時週刊連載となっている!(2021/2)
ちなみに「かぐや様は告らせたい」はシリーズ累計発行部数1400万部(2021/1)

かぐや様

私は「かぐや様は告らせたい」を知っていたので、同じ原作者だと知らずに作品を読んでびっくり。

面白くって、原作者誰だろうと思ったら同じく赤坂さんでした。

この「かぐや様は告らせたい」に負けず劣らずかなり面白い「推しの子」!

単行本の累計発行部数は60万部を突破(2021/2)

2021年マンガ大賞ノミネート。

一巻目にして心を動かされ、涙してしまいました。
ではあらすじから紹介していきます。

推しの子ーあらすじとネタバレ

主人公はこの男性。

推しの子

真ん中に密かに移っているメガネをかけた産婦人科医のゴロー(東大卒)です。

えっ、アイドルが主人公じゃないの!?

と思った方もいるでしょうがこの男性なのです。

男性のとなりにニットを被った女の子がいますよね。

その女の子(さりな)がアイドル(アイ)の大ファン!

ゴローはさりなに影響を受けてアイの大ファンになります。

なぜ影響を受けたのかと言うと、さりなは12歳で亡くなってしまうから。

さりなの思い出とアイドル(アイ)を重ね合わせてゴローは見ていくようになっていました。

そんなアイドルオタクのゴローの元へ、16歳で赤ちゃんを身ごもった女性がやってきます。

アイドルと似ている!?

なんと、それはアイでした

アイドルなのに推しなのに妊娠!?
(ちなみに推しとは、応援している人のこと)

推しの子

アイの可愛さに妊娠なんてかまわず、ゴローはアイを応援して出産させようとします。

と、まずはここで悲劇が!

一つ目のネタバレ。

ゴローはアイのストーカーに殺されてしまいました

出産目前です。

そして、目を覚ますと赤ん坊になっていたのでした。

推しの子ー子の意味

推しの子の「子」の意味は、アイドル(アイ)の子どもという意味です。

なんとゴローはアイの子どもとして生まれ変わったのでした!

ゴローはアクアと命名されました。

ここからアクアが主人公です。

そして、もう一人生まれ変わった人物がいます。

アイが生んだのは双子。

それは12歳で亡くなってしまったさりなでした。(命名されてルビー

この前世の記憶を持つ二人の赤ちゃんが物語の主役なのです。

アイは子どもがいるのを隠して、アイドルとして成長していきます。

ところが、またも次のネタバレ!

なぜ主役が子どもなのか。

推しの子

アイは20歳になったときに、ストーカーに殺されてしまいました

なので、主役は子どもたちに移ります。

ルビーは母親のようなアイドルになるため。

アクアは復讐のため

えっ、復讐!?

そうなんです。

アクアはアイがなくなった時点で生きがいをなくしました。

けれど、なぜアイが亡くなったのかを考えます。

ストーカーにアイの居場所を教えた人がいる!

そいつを見つけ出して殺してやる!!

復讐を誓ったアクアは、まずアイが隠してきた父親を捜そうとするのでした。

では次に「推しの子」の魅力をみていきます。

推しの子ーマンガ大賞ノミネートの魅力

推しの子

両目に星があるのがアイ。

片方ずつにあるのがアクアとルビーになります。
なのでこの表紙はルビーですね。

私が思う「推しの子」の魅力は伏線の多さです!

まず一つ目

ネタバレーアクアとルビーの関係

実はアクアとルビーは前世で知り合い同士だったと気がついていません。

そして、昔のやりとりでは、ルビーが16歳になったら結婚を考えてやるとアクアは約束しています。

そんな好き合っていた二人がお互いに気がついたら!?

血が同じ双子なのに!?

まずはこの伏線がどうなるのか気になります。

ネタバレ―なぜ前世の記憶を持って生まれたの?

推しの子

アクアとルビーは前世の記憶をもっているので、天才児です。

ルビーは前世では、病室でアイの動画を見てはダンスや仕草を完全コピーしていました。

一方、アクアは東大卒。

園児なのに分厚い本をやすやすと読んでしまいます。

その二人はなぜ記憶をもっているのか、気になりますよね。

さらに気になるのは、アクアは自分の死体が発見されていないことを新聞で知ります。

ここにも伏線があって、自分の死体の場所を見つけるのか!?

記憶を持つことで前世と伏線が繋がっていきます。

ネタバレーアイの家庭環境

私はアイが殺されて死にゆくシーンに涙しました。

アイの回想シーンが描かれていたのです。

アイは愛を知らない子どもでした。

アイ「人を愛した記憶も愛された記憶も無いんだ。
そんな人にアイドルなんて出来ないでしょ。」

施設で育ち、親にも見捨てられ、暴力を受けていた過去を持つアイ。

そんなアイは愛する対象が欲しかった。

だからアイドルになったし、子どもも生んだ。

愛しているという嘘が本当になるアイドルに魅力を感じた。

さらに

「母親になれば子どもを愛せると思った」

「私はまだ子供達に愛してるって言った事がない。」

そんなアイはアクアの目の前でストーカーにお腹を刺されてしまいます。

死にゆくアイ。

それをただ見ることしかできないアクア。

アイは最後に伝えます。

ルビー、アクア、愛してる
ーああ、やっと言えた。
この言葉は絶対 嘘じゃない」

この言葉を残して、アイは亡くなってしまいます。

 

一つ一つのエピソードが丁寧に語られていきます。

言葉をやっと言えたアイ。

大好きなアイを失ったアクアとルビー。

悲しみを背負ったまま、第2章が開始されます。

人物の感情を味わうことができるのも魅力の一つです。

そして、その悲しみを背負った二人の成長後はどうなるのか。

一巻にしてネタバレがたくさんですが、さらにいろいろな出来事や伏線が出てきそうです。

この伏線を漫画で表現できている、というのも魅力的です。

推しの子ーまとめ

推しの子は2020/7/1~9/30に発売された単行本第1巻としては、同期間に日本でもっとも売れた作品

2021/2の時点で単行本の累計発行部数60万部突破。

2021年マンガ大賞ノミネート。

売れ筋が良いのもうなずける内容の濃さ!

人物の魅力、様々な伏線、予想がつかない展開!

赤坂アカさんと横槍メンゴさんはTwitterをやっています。

最新情報を知るならツイッターで。

ストーリーのこの後の展開は予想がつきません。

芸能界で活躍するのか。

犯人探しに奮闘するのか。

目が離せません!

 

>>話題作をお得に購入するならこちら。

 

展開が良い、感情が動く、絵も魅力的。
これは絶対メディア化しそう!
推しの子
最新情報をチェックしよう!