はめふら 3

「はめふら」乙女ゲームの破滅フラグ 3巻ネタバレ、あらすじ-隠しキャラが明らかに

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」はコミックZERO-SUM(コミックゼロサム)にて連載中
2017年から発表されて現在6巻(2021/1)。
原作・山口悟  作画・ひだかなみ

小説版もあり、シリーズ累計発行部数400万部突破!(2021/1
アニメ
にもなっています。

2巻の紹介はこちら
>>「はめふら」悪役令嬢が15歳になって乙女ゲームが開始される。

今回は3巻のネタバレをしていきます。

「はめふら」3巻-あらすじ

2巻ではカタリナ(漫画の主人公)が学園に入学して半年がたちました。

カタリナは鈍感です。

攻略キャラのみんながみんなカタリナに好意を抱いているのに気がつきません。

みんなは乙女ゲームヒロインのマリアに夢中になっていると思っているのです。

乙女ゲーム主人公特有の「鈍感」と「勘違い」がカタリナに働いています。

でも、そんなみんなに慕われているカタリナにもゲームのシナリオはそのまま訪れます。

カタリナ・クラエスの断罪イベントです。

カタリナの断罪イベント

本来の乙女ゲームの中では、マリアに意地悪をしたことを断罪されるイベントでした。

マリアがカタリナにいじめられていることをみんなに告発するイベントです。

ところが、現実ではカタリナはマリアを助けています。

それでも、他の敵役キャラがカタリナがマリアを虐めていると公の前で告発しました。

予定通り断罪イベントが起こります。

そこへマリアが登場。

マリアも同意するのだろうか?

このまま乙女ゲームの内容は変えられないのか?

そう思ったカタリナですが、マリアはカタリナをかばってくれました。

虐められてはいない!

この話はまったくのデタラメです!」

マリアはカタリナを断罪しようとする人たちの前でこう叫んだのです。

他の攻略キャラも駆けつけて、みんながみんなカタリナをかばいます。

カタリナは大きな断罪イベントを回避しました

しかし、その後に事件が起こります。

マリアが行方不明になってしまったのです。

マリア行方不明

2日間、マリアの消息が不明です。

みんなが必死に探しても、手がかりすら見つけられませんでした。

そもそもマリアが消える前に起こった断罪イベントに目が向けられます。

カタリナがみんなの目の敵にされることがなぜ起きたのか

みんながそこに注目しました。

敵役はカタリナがマリアを虐めていたという目撃証言の書類を持っていました。

書類は内容はともかく、形式などはとてもしっかりしていて、彼女たちには作成できそうにない出来だったのです。

その書類を作ったのは誰なのか?

敵役に事情を聞いてみました。

すると、敵役令嬢たちは書類をどこで誰から手にいれたのか覚えてなかったのです。

しかも、彼女たちはあの日、なぜカタリナを断罪しようと思ったのかさえ記憶がおぼろげになっていたのです。

奇妙な話。

誰かに操られているかのような話です

そして、もしかしたら本当に操られていたのではないか、という話がでてきます。

この世界では魔法が「水・火・土・風・光」の5種類あると言われていますが、実は第6の力があると言われています。

それは、闇の魔法。

内容は「人の心を操るもの」です。

もし闇の魔法を敵役令嬢たちに使っていたとしたら、断罪イベントが起きたのも納得がいきます。

そして、行方不明中のマリアは光の魔法の所持者です。

光の魔法をもっている者は、闇の魔法を見分けられるといいます。

つまり、マリアは誰が断罪イベントを起こしたのか分かってしまったのです。

それを1人で解決しようとした結果、何かトラブルにあってしまったと考えられます。

さらに、闇の魔法について語られます。

闇の魔力と言うのは後天的に身につくものです。

闇の魔力は儀式において、人間の命を捧げることで手に入れることができる。

闇の魔力を持つ者は誰かの命と引き換えにそれを得ている

そのような闇の魔法を持つ者とは?

「はめふら」3巻-隠しキャラとは

カタリナは夢の内容を思い出します。

攻略キャラ4人とは別の隠しキャラのことです。

前世のカタリナの友達は語ります。

隠しキャラの攻略は大変で、そのキャラは闇の魔力を持っている危険な人物。

「攻略が成功すれば主人公と甘々な日々なんだけど
失敗すると主人公とその友人の生徒会メンバー皆
彼に殺されちゃうっていう
ひどいバッドエンドなんだよ。

カタリナは気がつきます。

そのキャラは真っ赤な髪に、灰色の瞳の人物、2巻で登場していた魅惑的な人物

シリウス・ディーク

生徒会長です。

カタリナは直球で聞いてしまいます。

会長は闇の魔力を持っているんですか?」と。

会長の裏の面があらわれます。

マリア・キャンベルをさらったのも僕さ
あの子は知らなくていいことを知ってしまったからね。
それからカタリナ・クラエス
僕は君が大嫌いだ

このように言われたカタリナですが、カタリナは会長の表情に注目しています。

会長があまりにつらそうにその言葉をはいているように感じたからです。

言葉に反してあまりにも苦しそうで、辛そうで、今にも泣きだしそう。

カタリナは会長を心配します。

すると、会長はカタリナに魔法を使います。

そのまま眠り続けろ
その命が尽きるまで

カタリナは眠りに落ちてしまいました

シリウスが見るカタリナ

シリウスはニコル(攻略キャラの1人)のどこか寂しそうな表情。

マリアの容姿・学力・魔力あらゆる面ですぐれているのに、時折見せる寂しげな表情。

それらに親近感を抱いていました。

なのに、2人はカタリナと一緒にいるとその寂しげな表情が消えていったのです。

シリウスはそんなカタリナの存在を意識しだしました。

聖女のような存在。

シリウスはカタリナを自分の目の前から消したくなりました

そして、カタリナ断罪イベントを起こしたのです。

失敗に終わりましたが。

シリウスはカタリナにふれるにつけ、カタリナに母親の影をみるようになっていました。

自分の心にも影響が及んでいきます。

断罪イベントが失敗して良かった。」

そう思うようにもなっていったのです。

本来の優しい心が戻ろうとしています。

しかし、カタリナはシリウスの魔法によって眠りに落ちてしまいました。

4巻に続きます。

「はめふら」3巻-まとめ

魔法学園では半年間の平和な時がすぎます。

ところが、乙女ゲームに起こる主要なイベントである断罪イベントは予定通り起こります。

主要キャラはカタリナを助けてくれました。

では、なぜそのイベントが起きたのか。

そこには隠しキャラが関与していました。

隠しキャラは生徒会長のシリウス

マリアが行方不明になり、カタリナはシリウスにそのことを聞きます。

シリウスは学園にそのことを知られないために、カタリナを眠らせました。

カタリナは寝たきりです

4巻に続きます。
>>「はめふら」4巻「眠りにおちたカタリナはどうなる!?」

 

お得に本が読める秘密はこちら。
>>毎週ごと話題の本が無料で手に入る!

 

はめふら 3
最新情報をチェックしよう!