はめふら

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」はコミックZERO-SUM(コミックゼロサム)にて連載中
2017年から発表されて現在6巻(2021/1)。
原作・山口悟
作画・ひだかなみ

悪役令嬢

コミックは他にも「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…絶対絶命!破滅寸前編」がゼロサムオンラインにて連載中
2019年から現在2巻(2021/1)。

小説が元になっています。
著者・山口悟
イラスト・ひだかなみ
既刊10巻(2021/2)
小説家になろうにて連載中

シリーズ累計発行部数400万部突破(2021/1)

アニメにもなっています。
第1期全12話(2020)
第2期2021/7月~

 

これはおもしろい!思考実験的!

視点もおもしろい!

あらすじから紹介していきます。

「はめふら」あらすじ

悪役令嬢

転生ものなので、主人公が死ぬところからスタートします。

恋愛攻略ゲーム(乙女ゲーム)が好きな女子高生が交通事故で死んでしまいました

 

場面が切り替わり、女子高生は8歳のカタリナ・クラエスに転生していました

なぜ気がついたのかというと、

頭を強く打ったところ、前世の女子高生の記憶がよみがえったのです。

カタリナは自分の状況がどこかで見たものだと違和感を覚えました。

最後までやっていた乙女ゲーム。

その設定にそっくりだったのです

カタリナが頭を打ったことで心配して婚約にいたったジオルド王子8歳。
(額に傷をつけたので、傷物にしたという感覚)

カタリナはキャラに見覚えがあります。

ジオルド王子は最後の最後で攻略した腹黒王子さまだったはず。

ところが、ここで気がつきます。

自分が破滅フラグしかない悪役令嬢だということに

ゲームを思い出すと、カタリナはゲームヒロインの敵でした。

かなりの悪役なので、バッドエンドしか用意されていません

ジオルド王子ルート(ゲームのヒロインがジオルドと結ばれるルート)では、カタリナは国外追放にされたり、殺されたりしてしまいます。

この破滅フラグを避けるしかない

そう考えたカタリナはまずはヒロインとの戦いに備えて自分の魔法を磨くことにしました。

自分の土の魔法を強くするために、畑仕事にせいをだします。

このゲームの刻略ルートは主に4つ。

ジオルド王子ルート。

キースルート。(カタリナの義理の弟)

アランルート。(ジオルドの双子の弟)

ニコルルート。(宰相の息子)

各ルートごとの破滅フラグの要素をカタリナはつんでいきます。

ジオルドには裏切られてもいいように自分が強くなる。

愛情不足のキースには姉として愛情をかけて接する。

などなど、破滅フラグ要素をつんでいくのです。

そして、自分とは違うけれど悪役になりうる令嬢たちとも出会います。

そこでその子たちとも仲良くなっていくのです。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令 2

(悪役令嬢役なので、カタリナの表情はちょっと悪役です。(右下))

恋愛ゲームが始まる年齢は15歳

カタリナが15歳になる頃には、ゲームの登場人物たちはゲームの特徴を備えた人物に成長していきました。

ただ少し違うのは、みんながカタリナに好印象を抱いているということ。

逆ハーレムルートのように、4人はそれぞれカタリナのことが好きです。

カタリナはそのことに気がついてはいませんが。

そして、本来ならば嫌われていたカタリナ。

ゲームではヒロインがその立ち位置を目指しているはずなのです。

ヒロインとは対立してしまうのでしょうか。

目が離せません。

「はめふら」みどころ

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」は視点が独特でおもしろい!!

悪役令嬢なのに主人公キャラ

本来ならばヒロインのストーリー展開になるところが、悪役が主人公の視点になります。

しかも、悪役のはずなのに好感の持てる人物になっているのです。

人のことを考えて行動ができる。

努力家。

素直。

鈍感。

人を見下さない。

というように、本来ならば主人公が兼ね備えている要素をカタリナは持っています。

そんなカタリナは悪役令嬢役なのです。

ゲームのヒロインに出会う前の時点で、みんなから好かれている悪役令嬢カタリナ。

どんな展開になっていくのか目が離せません。

乙女ゲームなので未来がわかる

カタリナは前世の記憶があります。

正確に言うならば、乙女ゲームの知識があります。

このキャラへの対処法はこうした方がいい。

例えば、腹黒王子相手には素直な主人公でいる。

愛情不足な義弟には愛情深い姉でいる。

こうしていくことで、破滅フラグを回避していく反面、みんなから好かれるという逆ハーレム状態を手にします。

義姉のことが好きなキースは呟きます。

まさか またライバルが増えるなんて……
一体どれだけタラシ込めば気が済むんだ……

カタリナはフラグを回避しているだけなので、好かれようとする意図はないのです。

そして、自分では気がついていないのですが、みんなにフラグを立てまくっています。

逆ハーレム状態が形成されています。

そんな中、ヒロインとはどのような関係になるのでしょうか。

ある程度は設定どおりに進展していく物語。

唯一違うのは悪役令嬢が未来を知っていることと、性格が違うということ

これは人生は決まっていると言う運命論と、そうではない論の思考実験にもなります。

もし決まっているのならば、本人がどんな努力をしようと知識を得ようと同じような破滅フラグに行き着きます。

けれど、自分で切り開けるとしたら。

破滅フラグとは違った未来がまっています。

どんな物語展開を見せるのか楽しみです。

「はめふら」まとめ

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」はコミックZERO-SUM(コミックゼロサム)にて連載中
2017年から発表されて現在6巻(2021/1)。
原作・山口悟
作画・ひだかなみ

他にも他の漫画、小説、アニメが出ています。

Twitterアニメ公式はこちら。

予想がつかない展開!運命論か、自分で切り開く論か。
続きが気になります。
はめふら
最新情報をチェックしよう!