はめふら

悪役令嬢カタリナのコミック‐通称「はめふら」の1巻から6巻までまとめて紹介!

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」はコミックZERO-SUM(コミックゼロサム)にて連載中
2017年から発表されて現在6巻(2021/1)。
原作・山口悟
作画・ひだかなみ

悪役令嬢

コミックは他にも「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…絶対絶命!破滅寸前編」がゼロサムオンラインにて連載中
2019年から現在2巻(2021/1)。

小説が元になっています。
著者・山口悟
イラスト・ひだかなみ
既刊10巻(2021/2)
小説家になろうにて連載中

シリーズ累計発行部数400万部突破(2021/1)

アニメにもなっています。
第1期全12話(2020)
第2期2021/7月~

 

これはおもしろい!思考実験的!

視点もおもしろい!

あらすじから紹介しつつ、今のところ発売している6巻まで紹介していきます。

「はめふら」1巻のあらすじ

悪役令嬢

転生ものなので、主人公が死ぬところからスタートします。

恋愛攻略ゲーム(乙女ゲーム)が好きな女子高生が交通事故で死んでしまいました

 

場面が切り替わり、女子高生は8歳のカタリナ・クラエスに転生していました

なぜ気がついたのかというと、

頭を強く打ったところ、前世の女子高生の記憶がよみがえったのです。

カタリナは自分の状況がどこかで見たものだと違和感を覚えました。

最後までやっていた乙女ゲーム。

その設定にそっくりだったのです

カタリナが頭を打ったことで心配して婚約にいたったジオルド王子8歳。
(額に傷をつけたので、傷物にしたという感覚)

カタリナはキャラに見覚えがあります。

ジオルド王子は最後の最後で攻略した腹黒王子さまだったはず。

ところが、ここで気がつきます。

自分が破滅フラグしかない悪役令嬢だということに

ゲームを思い出すと、カタリナはゲームヒロインの敵でした。

かなりの悪役なので、バッドエンドしか用意されていません

ジオルド王子ルート(ゲームのヒロインがジオルドと結ばれるルート)では、カタリナは国外追放にされたり、殺されたりしてしまいます。

この破滅フラグを避けるしかない

そう考えたカタリナはまずはヒロインとの戦いに備えて自分の魔法を磨くことにしました。

自分の土の魔法を強くするために、畑仕事にせいをだします。

このゲームの刻略ルートは主に4つ。

ジオルド王子ルート。

キースルート。(カタリナの義理の弟)

アランルート。(ジオルドの双子の弟)

ニコルルート。(宰相の息子)

各ルートごとの破滅フラグの要素をカタリナはつんでいきます。

ジオルドには裏切られてもいいように自分が強くなる。

愛情不足のキースには姉として愛情をかけて接する。

などなど、破滅フラグ要素をつんでいくのです。

そして、自分とは違うけれど悪役になりうる令嬢たちとも出会います。

そこでその子たちとも仲良くなっていくのです。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令 2

(悪役令嬢役なので、カタリナの表情はちょっと悪役です。(右下))

恋愛ゲームが始まる年齢は15歳

カタリナが15歳になる頃には、ゲームの登場人物たちはゲームの特徴を備えた人物に成長していきました。

ただ少し違うのは、みんながカタリナに好印象を抱いているということ。

逆ハーレムルートのように、4人はそれぞれカタリナのことが好きです。

カタリナはそのことに気がついてはいませんが。

そして、本来ならば嫌われていたカタリナ。

ゲームではヒロインがその立ち位置を目指しているはずなのです。

ヒロインとは対立してしまうのでしょうか。

目が離せません。

「はめふら」1巻からのみどころ

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」は視点が独特でおもしろい!!

悪役令嬢なのに主人公キャラ

本来ならばヒロインのストーリー展開になるところが、悪役が主人公の視点になります。

しかも、悪役のはずなのに好感の持てる人物になっているのです。

人のことを考えて行動ができる。

努力家。

素直。

鈍感。

人を見下さない。

というように、本来ならば主人公が兼ね備えている要素をカタリナは持っています。

そんなカタリナは悪役令嬢役なのです。

ゲームのヒロインに出会う前の時点で、みんなから好かれている悪役令嬢カタリナ。

どんな展開になっていくのか目が離せません。

乙女ゲームなので未来がわかる

カタリナは前世の記憶があります。

正確に言うならば、乙女ゲームの知識があります。

このキャラへの対処法はこうした方がいい。

例えば、腹黒王子相手には素直な主人公でいる。

愛情不足な義弟には愛情深い姉でいる。

こうしていくことで、破滅フラグを回避していく反面、みんなから好かれるという逆ハーレム状態を手にします。

義姉のことが好きなキースは呟きます。

まさか またライバルが増えるなんて……
一体どれだけタラシ込めば気が済むんだ……

カタリナはフラグを回避しているだけなので、好かれようとする意図はないのです。

そして、自分では気がついていないのですが、みんなにフラグを立てまくっています。

逆ハーレム状態が形成されています。

そんな中、ヒロインとはどのような関係になるのでしょうか。

ある程度は設定どおりに進展していく物語。

唯一違うのは悪役令嬢が未来を知っていることと、性格が違うということ

これは人生は決まっていると言う運命論と、そうではない論の思考実験にもなります。

もし決まっているのならば、本人がどんな努力をしようと知識を得ようと同じような破滅フラグに行き着きます。

けれど、自分で切り開けるとしたら。

破滅フラグとは違った未来がまっています。

どんな物語展開を見せるのか?

続いて2巻を紹介していきます。

 

はめふら

「はめふら」2巻-あらすじ

カタリナ(漫画の主人公・悪役令嬢)は15歳になり、魔法学園に入学します。

乙女ゲームの開始です

魔法学園は魔力を持つ人間を財産として発展してきました。

この国の要とも言うべき国立の全寮制学園です。

魔力保有者は高位の貴族ばかり。

そんな中、そこに十数年ぶりに入学する平民がいました。

しかも、魔力の中でも最も希少かつ強力な光の魔法を持つ人物。

それが元の乙女ゲームの主人公「マリア・キャンベル」です。

カタリナはもともとマリアの敵役

破滅フラグを回避するカタリナの格闘が始まります。

ジオルドとマリアの出会いイベント

ジオルドはカタリナの婚約者ですが、乙女ゲーム攻略キャラの1人です。

腹黒王子と言われています。

乙女ゲームでは、木登りをしているマリアのお転婆な姿にジオルドが惹かれる初対面のシーンがあります。

お転婆な人をあまり見慣れていないジオルドがマリアに惹かれていくシーン。

ところが、ジオルドはカタリナがよく木登りをしている場面を見慣れています

カタリナにとっては当たり前の木登りだったので、ジオルドは特にマリアに気を奪われませんでした。

フラグ1回避です。

キースとマリアの出会いイベント

キースはカタリナの義弟ですが、乙女ゲーム攻略キャラの1人です。

元の乙女ゲームでキースはナンパキャラ。

ハンカチを落としたマリアをナンパするというもの。

でも、なぜか優しいキャラに育っているキース

ハンカチを落としたマリアには、ハンカチを返すだけで恋心は抱きませんでした

優しいキャラかつ、キースはシスコンに育っています。

つまり、姉のカタリナが大好きなキャラになっていたのです。

フラグ2回避です。

マリアへのいじめイベント

カタリナは生徒会室でマリアと仲良くなりました。

さすが乙女ゲームの主人公キャラ。

優しい、誠実、可愛い、上品、魔力が強いの完璧な人物。

カタリナはマリアのことが大好きになります。

マリアはお菓子作りが得意で、カタリナはそのお菓子の虜です。

ある日、マリアは作ったお菓子をもっていたとき、他の生徒からのいじめにあいました。

学園の生徒はほぼ貴族。

そんななか、平民なのに特別な光の力をもっているマリアを良く思わない生徒が大勢います。

せっかく作ったお菓子なのに、草むらに放り投げられてしまいました。

さらに、そのお菓子が踏みつけられそうになったとき、カタリナはその場に駆け付けました。

カタリナはそのいじめを止めさせて、さらに草むらに落ちたお菓子を平らげてしまいました

このイベント。

実はジオルドとマリアがさらに親しくなるイベントでした。

このイベントでカタリナとマリアの親しさが上がりました

 

さらに、またマリアが生徒にいじめられているシーンでもカタリナが率先して助けます。

それはキースとマリアの親しくなるイベントのはずでしたが、これも回避です。

フラグ3、4回避です。

こうしてフラグをどんどん潰していきます。

恋愛攻略キャラたちと、さらには主人公のマリアと仲良くなっていくカタリナ。

でも、決まっている未来(破滅フラグ)はどうなるのか!?

「はめふら」2巻ーみどころ

カタリナは夢を見ます。

前世の記憶です。

全部クリアした友だちが言います

攻略キャラ4人全員クリア後に隠しキャラが出てくるんだよ。
ちなみに誰だったか知りたい?
それはねー

というところで、カタリナは目が覚めました。

隠しキャラとは誰なのでしょうか。

少し興味をひく人物がいます。

それは、生徒会長シリウス・デューク

毎回カタリナを生徒会室へ誘ってくれます。

そこでおいしいティーをいれてくれるのです。

学問の成績も魔力も学年トップ。

相当なハイスペックで仕事もできるのに、子犬みたいな可愛らしい雰囲気を持っている会長です。

学園では17歳になるときに婚約者を決めるのですが、その婚約者がいない会長。

カタリナは会長に質問します。

「誰か気になる方がいらっしゃるとか?」

真顔な顔の会長が答えます。

「気になる人などいません」

いつもの優しい雰囲気とは違う雰囲気の会長に、かたりなは少し寒気を感じました。

何かがありそうなキャラです。

「はめふら」2巻-まとめ

カタリナは15歳になり魔法学園に入学しました。

そこで乙女ゲームの主人公マリアに会うのですが、敵役のはずが仲良くなりました。

仲良くなりつつも、自分の破滅フラグをつぶしていきます。

攻略キャラはみんなカタリナが大好きになっています。

でも、ストーリーは進んでいく。

どんな展開になるのでしょうか。

3巻に続きます。

はめふら 3

 

「はめふら」3巻-あらすじ

2巻ではカタリナ(漫画の主人公)が学園に入学して半年がたちました。

カタリナは鈍感です。

攻略キャラのみんながみんなカタリナに好意を抱いているのに気がつきません。

みんなは乙女ゲームヒロインのマリアに夢中になっていると思っているのです。

乙女ゲーム主人公特有の「鈍感」と「勘違い」がカタリナに働いています。

でも、そんなみんなに慕われているカタリナにもゲームのシナリオはそのまま訪れます。

カタリナ・クラエスの断罪イベントです。

カタリナの断罪イベント

本来の乙女ゲームの中では、マリアに意地悪をしたことを断罪されるイベントでした。

マリアがカタリナにいじめられていることをみんなに告発するイベントです。

ところが、現実ではカタリナはマリアを助けています。

それでも、他の敵役キャラがカタリナがマリアを虐めていると公の前で告発しました。

予定通り断罪イベントが起こります。

そこへマリアが登場。

マリアも同意するのだろうか?

このまま乙女ゲームの内容は変えられないのか?

そう思ったカタリナですが、マリアはカタリナをかばってくれました。

虐められてはいない!

この話はまったくのデタラメです!」

マリアはカタリナを断罪しようとする人たちの前でこう叫んだのです。

他の攻略キャラも駆けつけて、みんながみんなカタリナをかばいます。

カタリナは大きな断罪イベントを回避しました

しかし、その後に事件が起こります。

マリアが行方不明になってしまったのです。

マリア行方不明

2日間、マリアの消息が不明です。

みんなが必死に探しても、手がかりすら見つけられませんでした。

そもそもマリアが消える前に起こった断罪イベントに目が向けられます。

カタリナがみんなの目の敵にされることがなぜ起きたのか

みんながそこに注目しました。

敵役はカタリナがマリアを虐めていたという目撃証言の書類を持っていました。

書類は内容はともかく、形式などはとてもしっかりしていて、彼女たちには作成できそうにない出来だったのです。

その書類を作ったのは誰なのか?

敵役に事情を聞いてみました。

すると、敵役令嬢たちは書類をどこで誰から手にいれたのか覚えてなかったのです。

しかも、彼女たちはあの日、なぜカタリナを断罪しようと思ったのかさえ記憶がおぼろげになっていたのです。

奇妙な話。

誰かに操られているかのような話です

そして、もしかしたら本当に操られていたのではないか、という話がでてきます。

この世界では魔法が「水・火・土・風・光」の5種類あると言われていますが、実は第6の力があると言われています。

それは、闇の魔法。

内容は「人の心を操るもの」です。

もし闇の魔法を敵役令嬢たちに使っていたとしたら、断罪イベントが起きたのも納得がいきます。

そして、行方不明中のマリアは光の魔法の所持者です。

光の魔法をもっている者は、闇の魔法を見分けられるといいます。

つまり、マリアは誰が断罪イベントを起こしたのか分かってしまったのです。

それを1人で解決しようとした結果、何かトラブルにあってしまったと考えられます。

さらに、闇の魔法について語られます。

闇の魔力と言うのは後天的に身につくものです。

闇の魔力は儀式において、人間の命を捧げることで手に入れることができる。

闇の魔力を持つ者は誰かの命と引き換えにそれを得ている

そのような闇の魔法を持つ者とは?

「はめふら」3巻-隠しキャラとは

カタリナは夢の内容を思い出します。

攻略キャラ4人とは別の隠しキャラのことです。

前世のカタリナの友達は語ります。

隠しキャラの攻略は大変で、そのキャラは闇の魔力を持っている危険な人物。

「攻略が成功すれば主人公と甘々な日々なんだけど
失敗すると主人公とその友人の生徒会メンバー皆
彼に殺されちゃうっていう
ひどいバッドエンドなんだよ。

カタリナは気がつきます。

そのキャラは真っ赤な髪に、灰色の瞳の人物、2巻で登場していた魅惑的な人物

シリウス・ディーク

生徒会長です。

カタリナは直球で聞いてしまいます。

会長は闇の魔力を持っているんですか?」と。

会長の裏の面があらわれます。

マリア・キャンベルをさらったのも僕さ
あの子は知らなくていいことを知ってしまったからね。
それからカタリナ・クラエス
僕は君が大嫌いだ

このように言われたカタリナですが、カタリナは会長の表情に注目しています。

会長があまりにつらそうにその言葉をはいているように感じたからです。

言葉に反してあまりにも苦しそうで、辛そうで、今にも泣きだしそう。

カタリナは会長を心配します。

すると、会長はカタリナに魔法を使います。

そのまま眠り続けろ
その命が尽きるまで

カタリナは眠りに落ちてしまいました

シリウスが見るカタリナ

シリウスはニコル(攻略キャラの1人)のどこか寂しそうな表情。

マリアの容姿・学力・魔力あらゆる面ですぐれているのに、時折見せる寂しげな表情。

それらに親近感を抱いていました。

なのに、2人はカタリナと一緒にいるとその寂しげな表情が消えていったのです。

シリウスはそんなカタリナの存在を意識しだしました。

聖女のような存在。

シリウスはカタリナを自分の目の前から消したくなりました

そして、カタリナ断罪イベントを起こしたのです。

失敗に終わりましたが。

シリウスはカタリナにふれるにつけ、カタリナに母親の影をみるようになっていました。

自分の心にも影響が及んでいきます。

断罪イベントが失敗して良かった。」

そう思うようにもなっていったのです。

本来の優しい心が戻ろうとしています。

しかし、カタリナはシリウスの魔法によって眠りに落ちてしまいました。

4巻に続きます。

「はめふら」3巻-まとめ

魔法学園では半年間の平和な時がすぎます。

ところが、乙女ゲームに起こる主要なイベントである断罪イベントは予定通り起こります。

主要キャラはカタリナを助けてくれました。

では、なぜそのイベントが起きたのか。

そこには隠しキャラが関与していました。

隠しキャラは生徒会長のシリウス

マリアが行方不明になり、カタリナはシリウスにそのことを聞きます。

シリウスは学園にそのことを知られないために、カタリナを眠らせました。

カタリナは寝たきりです

4巻に続きます。

はめふら

「ハメフラ」4巻-登場人物の気持ち

3巻の最後で、カタリナは眠らされてしまいました。

二日間起きません。

みんながみんなカタリナのことを心配します。

ジオルドの場合

ジオルド(攻略キャラの1人)は設定では腹黒王子です。

カタリナに幼少期に打算的な考えから結婚を申し込みました。

それから、カタリナの木登りをしたり、農業をしたり、おかしな言動に興味をひかれていきます。

退屈だったジオルドの世界は、カタリナのおかげであざやかな世界になりました。

ジオルドは嬉しい、楽しい、嫉妬、切なさ、全部をカタリナから教わったことを改めて思います

キースの場合

キース(攻略キャラの1人)は設定では義弟かつ女たらしでした。

ところが、カタリナが姉として優しくしたので、優しくて姉さん想いの子に成長しました。

いつしか姉弟以上の感情を抱くようになり、ずっと一緒にいたいこの世で一番大切な人だと改めて思います。

メアリの場合

メアリはアラン王子(攻略キャラ)の婚約者です。

乙女ゲームでメアリが絡んでこなければ、敵役にはならないキャラです。

カタリナはメアリの手を緑の手で羨ましいといって、作物の育て方を教わりました。

それが嬉しかったメアリは自信をつけていきます。

今のメアリがいるのはカタリナのおかげ。

いつもそばにいたい大切な人だとカタリナのことを思っています。

アランの場合

アラン(攻略キャラ)はジオルドの弟です。

優秀な兄に比較されて卑屈にそだった弟。

しかし、カタリナはアランをアランその人として認めてくれました。

ジオルドとは関係がなく、まっすぐに彼を見つめてくれていたカタリナ。

実はアランはこのときまでカタリナのことを好きだとは気がついていませんでした。

カタリナが眠ってしまって初めて好きだと言うことに気がついたのです。

ニコルの場合

ニコル(攻略キャラ)の色気はものすごく、他の人をすぐに魅了してしまいます。

なので、みんなニコルと目を合わせると照れて目をそらしてしまうのです。

そんな魅惑的なニコルには妹がいます。

真っ白な妹を不幸の存在として決めつけられていたことに腹を立てていたニコル。

しかし、カタリナだけがそんな可愛い妹といれてなんて幸せなんだといってくれたのです。

ニコルもカタリナと可能な限りずっと一緒にいたいと思っています。

ソフィアの場合

ソフィアはニコルの妹です。

ソフィアは絹のような白い紙、ルビーのようなキラキラした赤い瞳。

それらを持っていたために気持ち悪がられていました。

ところが、カタリナはそれをきれい、といってくれたのです。

ずっとこもっていた部屋から飛び出して、明るい太陽の元に出られるようになりました。

ソフィアもずっとカタリナのそばにいたいと思っています。

 

カタリナは眠っているだけで、人々の心に変化を起こします

すると、この中の1人が前世の記憶からカタリナに語りかけます。

なんと、ソフィアの前世はカタリナの親友だったのです。

ソフィアの前世

カタリナは夢の中で過ごしていました。

夢では前世の女子高生の姿です。

毎日のように友だちと遊んで、乙女ゲームの話をして、という日常をおくっています。

でも、なにか違います。

私はここの住人ではない気がする。

楽しいのだけれど、何かを忘れているような。

カタリナは親友とご飯を食べていました。

その親友が急に言います。

ここはもうあなたの世界じゃない
別にあるでしょう?
そしてそこにはあなたを待っている人たちがたくさんいる

カタリナは記憶を取り戻します!

もう私は生まれ変わってカタリナになったんだ、と。

夢の世界が崩壊していきます。

カタリナは突然の事故で死んでしまったので、親友と十分な別れができていないままでした。

さよならもありがとうも言えなかった。

でも夢では言えました。

さようなら
今まで本当にありがとう!

夢で親友は語ります。

「私もとても嬉しかった
今度はソフィアとしてずっと傍にいるから―

ソフィアはカタリナの元親友だったのでした。

そして、カタリナは目覚めます。

次はマリア(乙女ゲームのヒロイン)を助ける番です。

マリアは3巻からずっと行方不明なままです。

「はめふら」4巻-あらすじ

カタリナは夢で乙女ゲームの詳細を聞いていました。

なので、マリアが隠されている場所も把握しています。

隠し部屋からマリアを発見

カタリナとマリアはデューク(犯人)についてそんなに悪い人とは思えない、という意見で一致します。

ひどい目にあったのですが、ほんとうに消すならば殺すと言う手も取れたはずなのに眠らされただけ。

マリアも閉じ込められただけで、ヒドイことはされていないのです。

何か事情があるに違いない。

シリウス・ディークには実は本当の名前がありました。

ラファエル

カタリナは夢でその名前を知っていたので、それをいうとシリウスから黒い靄が消えていきました。

 

なぜ名前を読んだだけで黒い靄が消えたのか。

実はシリウス・ディークというのはラファエルの義兄の名前です。

闇の魔法には「別の人間の体に意識を移す」というものがありました。

身体の弱い義兄のかわりに、ラファエルの身体を義母が闇の魔法で乗っ取ろうとしたのです。

闇の魔法を使うには生贄が必要です。

その生贄にはラファエルの実の母親が選ばれました。

ラファエルは母が殺されるのを黙ってみていることしかできませんでした

黒魔法がほどこされます。

黒魔法をかけられたラファエルは本当にシリウス・ディークになってしまったのか!?

いえ、本当は闇の魔法は失敗していました。

シリウスの記憶と知識だけがラファエルに流れ込んでいて、記憶は残っていました。

でも、それを言うと次は自分が殺されてしまうかもしれない。

ラファエルは魔法が成功したふりをして、シリウスになりすましました

なりすましているだけでしたが、何度か心までシリウスになりかけたことがありました。

母を殺した人物への復讐に心を使いすぎて闇に取り込まれそうだったのです。

そんな中、カタリナが優しい気持ちと、本当の名前を呼んでくれたことでラファエル自身が戻ってきました。

闇に取り込まれずに済んだのです。

そして、隠しイベントを終えて、ついに乙女ゲームのクライマックスシーン。

最終イベント「卒業式」が開始されます。

卒業式イベント

運命があるのならば、破滅フラグは起きてしまいます

どんなにカタリナががんばっていても断罪イベントが起きたように。

とうとう卒業式イベントです。

・・・

平和なパーティーが続きます。

カタリナは拍子抜けします。

あまりに何も起こらない!

痺れをきらしたカタリナ。

マリアに好きな人はいないの?と聞いてしまいます。

いませんね

マリアはきっぱりと言います。

「気になる男性はいません。
私が気になるのも
お慕いしているのも
ずっと傍にいたいと思うのも
カタリナ様なのです-
これからもずっとカタリナ様の傍にいさせてください

なんと、ヒロインが誰とも結ばれずにみんないいお友達で終わる

友情エンド

カタリナにとって一番のハッピーエンドでした。

ここで物語は終わりかに見えましたが、5巻に続きます。

「ハメフラ」4巻-まとめ

カタリナが眠っている中、みんなの回想が続きます。

この回想により、みんながカタリナへの想いを強くしました。

シリウス・ディークの過去と本当の名前。

彼を助けることで、みんなが死亡してしまうという破滅フラグを防げました。

友情エンドが迎えられます。

とうとうカタリナは破滅フラグを回避したのです

本人は気がついていませんが、攻略キャラのみんなから好かれています。

カタリナが知っているストーリーはここまで。

でも物語は続きます。

では、どんな物語が続くのでしょうか。

次は5巻です。

はめふら 5巻

「はめふら」5巻‐あらすじ

「卒業式」イベントも終えて、ゲームの展開とは別に物語は進展していきます。

魔法学園の学園祭がありました。

カタリナ(漫画の主人公)とマリア(乙女ゲームのヒロイン)は二人で一緒に、育てた野菜を使ったお菓子の販売をする予定です。

生徒会では生徒たちから署名で、役員たちによる演劇をやって欲しいと頼まれます。

各キャラクターたちの演技というのも見どころです。

ちなみにカタリナは演技が苦手ということから、演劇には参加しないと言いました。

メアリとキースに会いに行くカタリナ

メアリ(元乙女ゲームの悪役)とキース(カタリナの義弟)は二人でカタリナを待っていました。

カタリナが屋台に夢中で待ち合わせを忘れているようです。

やっときたカタリナ。

差し入れのサンドイッチを3人で食べることにします。

カタリナ「はいキース どうぞ」

サンドイッチを手から直接口に食べさせてあげようとするカタリナ。

メアリが見ている手前です。

カタリナが大好きなメアリはにっこりとした表情で聞きます。

あらー
人前でなければ いつも このようなことをされているのですか?

よく食べ過ぎてお腹が痛くなるカタリナ。

それを見かねたキースが、僕が半分食べてあげると提案していたのです。

それ以来、カタリナは半分こにしたものをキースの口に運ぶようになっていました。

カタリナ「少し前から半分こにする時は
こうして食べさせてほしいってキースが
なんでか知らないけど
キースにしてはお行儀悪いと思わない?

鈍感なカタリナです。
(キースのシスコンからの行為)

メアリは呟きました。

「ー奥手すぎて自分から手も握れないと
思っていたのに誤算でしたわ」

2人のひそひそ話にカタリナはもしかして2人は恋仲!?

と勘違いするのでした。

カタリナ演劇にでる

生徒会で企画していた演劇に欠員がでました。

なので、急遽カタリナが代役をすることに。

シンデレラのような演劇で、カタリナの役は主人公をいじめる意地悪な義姉。

まさかゲームが無事に終わって ここにきてマリアをいじめる役がくるとは!

カタリナの出番がきました。

舞台に上がり、あたまが真っ白になるカタリナ。

頼りのカンペも落としてしまったようです。

でも、ここはカタリナ。

ゲームの悪役令嬢がどんな風に主人公をいじめたかはよく覚えています。

あんたなんて
床に這いつくばってるのがお似合いよ

みんなが惚れ惚れするような悪役を演じ切りました

腹黒ジオルド(カタリナの婚約者)もそれを見て、新たなカタリナの一面を知ったことでまた心を奪われたのでした。

「はめふら」5巻‐その後のストーリー

演劇が終わって夜の舞踏会です。

カタリナは夜道を歩く中、誘拐されてしまいました

舞踏会にこないカタリナをみんなは心配します。

 

カタリナが目を覚ますとふかふかなベッドの上でした。

誘拐したのはジオルドの兄の婚約者のセリーナ・バーグ嬢です。

でも、おどおどしていて誠実そうで優しそうなセリーナ。

カタリナがセリーナに身代金目的なのかと聞くとそうではないと語ります。

王位継承問題が絡んでいるのだとか!?

乙女ゲームのフラグがなくなった今。

主人公は未来を知りません

そんな中でもトラブルは起こります。

はたして、誘拐されたカタリナはどうなるのでしょうか。

「はめふら」5巻‐まとめ

乙女ゲームは最終回を迎えています。

そんな中、学園祭がありました。

カタリナは屋台を楽しみ、みんなとの交流をし、演劇の才能までみせました。

そして、学園祭での舞踏会に行く途中。

カタリナは誘拐されてしまいました。

5巻は新しい章に向けて、キャラクターたちの魅力をアピールするような回でした。

6巻に続きます。

「はめふら」6巻‐あらすじ

カタリナは誘拐されています。

ただ、いたれりつくせりです。

「小腹がすいたな」

さっとお菓子が出てくる。

「暇だから本が読みたい……」

さっと新刊がでてくる。

「ドレスじゃくつろげないなあ」

さっと部屋着がでてくる。

楽園のようだと思います。

ここでの使用人のラナと仲良く家庭菜園のことを話したり、仲良くなっていきます。

誘拐を目論んだセリーナ(ジオルドの兄イアンの婚約者)はジオルドに手紙を送りました。

無事に返してほしければ王位継承権を放棄せよ

セリーナは自分の婚約者であるイアンに王位を継いでもらうために、ジオルドに釘をさしたのです。

セリーナはイアンのことが好きです。

婚約者でもあります。

けれど、何も秀でたものがなく、魔力も弱い、頭もそれほどよくない。

イアン様を支えるどころか荷物にしかならないのではないか、とセリーナは思い悩んでいました。

セリーナは覚悟を決めています。

今回の誘拐が終わったら責任を取る覚悟があること。

ただイアンの役に立ってから姿を消そう、と。

イアン様との婚約は破棄し
罪をつぐなうべく出頭するつもりです

セリーナはカタリナに洗いざらい話しました。

それを気いたカタリナはセリーナに親近感を持ちます。

カタリナ「そんなセリーナ様は優しくて強くて
ちっとも駄目なんかじゃない
素晴らしい人だわ‐
だから友達になってくれませんか?」

それを聞いたセリーナは考えを改めます。

すぐに誘拐をやめようと思ったのです。

ところが、黒幕がいました。

セリーナはルーファスという男に黒魔法をかけられていたのです。

「はめふら」の黒魔法は相手の心を操ることができます。

セリーナも操られていたのでした。

「はめふら」事件の真相

ルーファスは彼の主に命令されていました。

「セリーナ様にこの誘拐や その他 幾多の罪を全て被って頂き
イアン王子共々 王位継承
争いの舞台……
ひいては社交界から消えていただくためにですよ。」

ルーファスの主は第一王子のジェフリー様に王位に就かれるのを望んでいるようです。

シリアスな展開になってきましたが、そこはカタリナ。

お腹が空いたとルーファスにお菓子を請求します

そして、一緒にお茶をしながらルーファスの過去を聞きました。

ルーファスの生まれはスラムです。

スラムの仲間と暮らしていた時に、人買いに捕まって売られ、汚い裏社会を流れ流れていまの主人のところにいきついたようです。

「さすがのあんたも引いたか?
それとも哀れだと同情してくれるかい?」

ルーファスが聞くと、カタリナは言います。

……かっこいい
中身の話よ
あなたの前向きな考え方
すごくかっこいいわ

大変な育ちなのにそれを嘆いたりせず、自分は幸運だったと言い切ったルーファスをカタリナは尊敬します。

カタリナは学園祭で買ったブローチをルーファスにあげました。

いつか外の世界をカタリナに見せて欲しいと言う約束にです。

すると、カタリナは急にルーファスにお姫様だっこをされました

そのままベッドに押し倒されます。

ぼーぜんとしているカタリナ。

そのとき、使用人ラナがやってきました。

実はラナはただの使用人ではなく、魔法省のラーナ・スミス。

ラファエルの上司にあたる人物でした。

ルーファスを捕えます。

連行されていくルーファス。

カタリナは声をかけます。

「あっ あの!」

ルーファスは手渡されたブローチを片手に「約束まで預かっとく」と笑顔で言いました

カタリナの恋愛事情

ルーファスに押し倒されても表情を変えないカタリナ。

そういえば、カタリナはこれまで誰かを好きになってはいません。

乙女ゲームが友情エンドで攻略された今。

新たな恋愛はスタートするのでしょうか。

カタリナはジオルド(カタリナの婚約者)にふいにキスをされました

キスの意味を尋ねるとこういわれます。

あなたのことを愛しているからです

カタリナはまだ自分の気持ちがわかりません。

スザンナとジェフリー

カタリナは高校卒業後の職業に魔法省を夢見始めます。

ラーナ・スミスは魔法省の役人ですが、さらに裏の顔がありました。

それはジェフリー王子の婚約者スザンナ・ランドールです。

2人の関係は婚約者初顔合わせのときに決まっていました。

スザンナ「魔法の研究以外に興味などない
王妃など御免だ

ジェフリー「俺も弟たち以外に興味はない
王位だって継ぐつもりはない

ジェフリーは弟たちの身の安全をはかるためにスザンナにスパイをお願いしていたのでした。

7巻に続きます。

「はめふら」6巻‐まとめ

カタリナが誘拐されます。

しかし、誘拐されても待遇はとてもよく誘拐犯ルーファスとも仲良くなりました。

王位をめぐってのトラブルがあるそうです。

第一王子のジェフリーと婚約者のスザンナはその目論見を防ぎました。

日常にもどります。

と、カタリナはジオルドにキスをされ、愛の告白をされます。

カタリナはどきどきはしていますが、自分の気持ちがまだわかりません。

7巻に続きます。

自分に合っている漫画をするにはどうすればいい?
一巻だけ読んで見極める、というのもいいですね。

1巻や最初の3巻ほどがお得で手に入る情報はこちら。
>>毎週ごとに切り替わる!話題の本が手に入る情報はこちら。

はめふら
最新情報をチェックしよう!