マックス・シェーラー

ここは今から倫理です。マックス・シェーラーの名言を1話から紹介!

ここは今から倫理です。」は雨瀬シオリ原作の漫画。

ヤングジャンプコミックスに連載中

2016年10月26日から連載され5巻(2020/12)まで発刊。

2021/1月からNHKでテレビドラマ化されています。

この漫画は1話1話の内容が色濃く、様々な倫理が学べます。

1話から紹介していきます。

ここは今から倫理です。 Volume1

「ここは今から倫理です。」1話あらすじ

学校で性行為をしていた生徒2人がいました。

それを高柳(主人公)は目撃します。

ただ一言、言いました。

真剣なお付き合いなら結構
ただ時間と場所が悪い

 

その一年後。

高柳は倫理教師として中学校にやってきました。

倫理とはなにかを授業の初めに説明します。

「学ばなくても将来困ることはほぼ無い学問

役立つ場面があるとすれば-死が近づいた時」

という紹介からまず入ります。

高柳は初めての授業後に逢沢いち子という生徒に話しかけられました。

この生徒は1年前に性行為を見られた生徒です。

そんな逢沢いち子は高柳をタイプだといって誘います。

 

ただ高柳先生は「花魁になるためには何が必要か?」と問いかけます。

花魁とは江戸時代の超高級フーゾク嬢です。

そこに高柳は「教養」が必要だといいました。

逢沢には教養がない、と。

「ひとつも無礼のない完璧な作法、美しいしぐさ、知識量、-

そんなに金を積まれてもただでは抱かれない

心通じるまで自分のもとへ通わせる

そんな女性がタイプだと高柳はいいます。

 

その日から教養とは何かを考えはじめる逢沢。

字を上手く書こうとしてボールペン講座を習ったり、授業がおもしろくなってきました。

今までの友達付き合いよりも教養を得ることを大切に思うようになります。

しかし、今まで体の関係を持っていたセックスフレンドに襲われます。

好きな人ができたからもうそーゆーのしない!

逢沢はきっぱりといいます。

それでも、無理やり強姦されそうになったとき、また教室に高柳先生が通りかかりました。

「合意ですか?」

この質問に「ちがう」と答える逢沢。

高柳は止めにはいりました。

殴られましたが、言葉による説得から生徒を萎えさせることでその場を収束できました。

逢沢はほっとしています。

その安堵を感じた高柳は言います。

倫理は人の心に触れ 自分の心に触れてもらう授業です

 

さらに高柳が好きになった逢沢は告白します。

「あたしやっぱせんせが好き!!
いっぱい勉強する
キレーな字書けるよーになる!
絶対 せんせのこと諦めないから!!」

こういった逢沢に対して、哲学者を引用して答えます。

愛こそ貧しい知識から豊かな知識への架け橋であるbyマックス・シェーラー

そういって立ち去っていきました。

哲学者の名言「マックス・シェーラー」

マックス・シェーラー(1874-1928)はドイツの哲学者。

哲学的人間学の提唱者です。

ニーチェの作品をよく読んでいたシェーラーは後年「カトリックのニーチェ」と言われるほどになったそうです。

1897年、「論理的原理と倫理的原理との関係確定への寄与」を執筆し、学位を獲得。
この論文は、道徳的なものは感情や意欲というような良心と関係があり、理性に根拠を持つことはできない、ということを主張した論文。

つまり、道徳は良心と深く結びついている
道徳を語る時に、理性ではなくて情緒から語っていく情緒主義を検討していました。

哲学は精神に関する学説でなければならないとするシェーラーの思想から、

愛こそ貧しい知識から豊かな知識への架け橋である」

が実感をもって感じられます。

 

そんな彼は、3度結婚をしています。

1人目の妻はアメリ―。

アメリ―はシェーラーより8歳年上で既婚者。
子どもも1人いて、モルヒネ中毒の夫がいた。
そんな夫とメアリーは離婚して、シェーラーと結婚。

しかし、このメアリーは嫉妬深い性格から、シェーラーの周りに醜聞沙汰を引き起こします。
仲が悪くなり別居。

その別居中にアンナという女性と浮気をするも、それがメアリーにばれて裁判沙汰に。
莫大な慰謝料をメアリーに支払うも、離婚成立。

2人目の妻、メリットと結婚。(38歳頃)

ここから何があったのかは気になるところですが、3人目の妻はマリア・ショイ。

彼女はマックス・シェーラーの亡き後、彼の論文を引き継いでいます。

愛に生きた人だったとみることができます。

「ここは今から倫理です」1話まとめ

1話は逢沢いち子価値観が倫理によってがらりと変わった話しです。

人の心に作用する倫理。

学んで見たくなりますね。

そして、名言を活用していますが、その元になっている人。

今回は「マックス・シェーラー

彼の人となりを知ることによって、さらにその思想を知りたくなります。

倫理は自分に即して考えていくことでより具体性を増します。

原作は紹介しましたが、この作品はNHKでテレビドラマ化しています。

倫理に触れれば触れるほど倫理が学べると言うことなので、映像でみることもおすすめです。

 

U-NEXTでテレビドラマ「ここは今から倫理です。」を視聴することができます。
NHK作品なので購入しなければいけませんが、無料ポイントとして初めに600ポイントがもらえます

1話110ポイント。
全8話なので、少しの出費で全話見れます。

継続してはいると、月々1,200円分のポイントが貰えます。
なので、入会するだけでポイントのある作品も課金することなく見ることが可能。
このポイントは最新作の視聴や書籍の購入にしても利用可能です。

 

>>U-NEXTはこちらから。

 

マックス・シェーラー
最新情報をチェックしよう!