八雲さんは餌づけがしたい その後

八雲さんは餌づけがしたい。6巻-その後の展開に関わる話を抜粋!

八雲さんは餌づけがしたい
この作品は、2021/3/19のスクエア・エニックス「ヤングガンガン」で完結しました。

2020年10月時点での累計発行部数は140万部を突破

2016年3月より、5年にわたって連載。

全11巻で完結。

完結後はメディアの動向が気になります。

八雲さん その後

>>八雲さんは餌づけがしたい。 6巻

 

ここで紹介しているのは電子書籍になります。
電子書籍って何?
という方はこちらをどうぞ
>>『初心者向け』電子書籍の使い方-DMMブックスがお得な理由6選

 

八雲さんは餌づけがしたい-その後の展開に関わる話を6巻から紹介

八雲さん(28歳)未亡人。
大和くん(高校1年生)。
2人の関係を描くストーリーを紹介していきます。

その後に関わる話-第38話「DREAMING GIRL」

いつもの夕食後、家の鍵をなくしていたことに気がつく大和くん!

仕方がないのでドアの前で一夜を過ごそうとすると、八雲さんが家に泊めることを提案。

大和くんは八雲さんの家に泊まることになります。

ドキドキする大和くん。

しかし、何もありません。

元旦那さんのパジャマを借りた大和くんはそのまま布団で眠りました。

八雲さんも眠ります。

このまま何もないかと思いきや!

八雲さんは夜中に目が覚め、大和くんを元旦那さんと見間違います。

体型が似ていたのです。

八雲さんは布団を少しだけ近づけてから、大和くんに元旦那さんを重ねて見つめていました

第42話「Motivation」

大和くんは野球部で一年生にしてレギュラーになっています。

その分、ベンチにいる先輩たちからイヤミを受けることも。

大和くんが練習用に木製バットを使っていると、一人だけ木製バットはおかしいと先輩から指摘を受けました。

キャプテンは認めてくれたし、練習なのに、他人のことにそんなに口を出すなんて!と心がいらついている大和くん。

そんな気持ちのまま八雲さんの家に向かうと、おいしいチキン南蛮が待っていました。

八雲さんは言います。

チキン南蛮って鶏むね肉にしようか鶏もも肉にしようかって争いがあるんだけどね。
私は美味しい方がいい!だから、もも肉がいい!
いろいろ栄養学で調べたら、鶏むね肉のほうがスポーツにはいいんだけど、美味しいって笑いながら食べる方が栄養にいいと思ったの!

この八雲さんの論を受けて大和くんはもやもやが吹っ切れました。

「誰かの言うことを気にしたってしょうがない
俺は俺がいいと思う事を やっていく」

ちょっと強くなった大和くんなのでした。

その後に関わるちょっとしたエピソード

人間関係が現れるストーリーを紹介。

第37話「お素麺パラダイス!!」

八雲さんの家では毎年、大量のお素麺をもらいます。

しかし、消費が大変!

炭水化物ばかりだと太ってしまうし…八雲さんは去年の素麺も残していたのですが、今年は大和くんがいます!

たくさん料理を考案!

シンプルに、「そーめんちゃんぷるー」に、カレー炒めに、チヂミに、ラーメンに、大和くんはすべて平らげました。

食事漫画にもなっている面があり、おいしそうです。

第39話「ホントのキモチ」

大和くんの幼馴染西原ルイは大和くんが大好き。

野球の練習休みを狙ってデートに誘います。

運動デートだったので引き受けてくれた大和くん。

でも、ラブラブな雰囲気は皆無。

(私に全然興味ないのかな…うすうすわかってはいたけど…)

ルイはそんな気持ちになっていた中、大和くんが「どうしてルイは野球辞めたの?」と聞きました。

ルイは理由を回想します。

そういえば、大好きな野球よりもっと大和くんがその頃から好きだったことを思い出しました。

仕方ないよね だって好きなんだもん

興味を持ってもらえなくても、ルイは大和くんを一途に想うのでした。

第43話「母、来る!」

大和くんのお母さんが八雲さんの家に来ました。

いつもご飯を食べさせてくれるお礼にきたのです。

お母さんはいつも忙しく海外やそこらじゅうを飛び回っている人。

エリートです。

そこまで大和くんの面倒はみられないけれど、いつも野球のトロフィーがあることを自慢に思ってきたそうです。

けれど、大和くんは一人の友達とのトラブルで野球をやめようとしていました。

お母さんはスポーツとは勝ち負けがあるのが当然だということを大和くんに語ります。

勝負の世界に居続けて、人々の期待や恩を背負えないのなら野球をやめてしまえばいい

そんなきついことも言いました。

そんなこんながあり、今の高校がぎりぎりの時期まで大和くんを待っていてくれたので、野球の推薦をとることができました。

母親から今の大和君をみると、立派に成長していると感じられました。

八雲さん これからも翔平(大和くん)をよろしくお願い致します

そうしっかりとあいさつをして去って行ったのでした。

八雲さんはお母さんのことをパワフルで魅力的な人だと思いました。

八雲さんは餌づけがしたい。6巻-まとめ

ここでは大和くんの成長と、その成長にとまどう八雲さんを描きだしていました。

2人の恋愛よりも、他のエピソードも多々紹介されています。

幼馴染の西原ルイが一途に大和くんを想い続けるエピソードには切なさが残ります。

八雲さん その後

>>八雲さんは餌づけがしたい。 6巻
ここで紹介しているのは電子書籍になります。

電子書籍って何?
という方はこちらをどうぞ
>>『初心者向け』電子書籍の使い方-DMMブックスがお得な理由6選

八雲さんは餌づけがしたい その後
最新情報をチェックしよう!