yakumosan 8

八雲さんは餌づけがしたい-8巻(51,52,53,54,55,56,57話)その後に関わる話を紹介!

八雲さんは餌づけがしたい
この作品は、2021/3/19のスクエア・エニックス「ヤングガンガン」で完結しました。

2020年10月時点での累計発行部数は140万部を突破

2016年3月より、5年にわたって連載。

全11巻で完結。

完結後はメディアの動向が気になります。

八雲さん 8巻

>>八雲さんは餌づけがしたい。シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

ここで紹介しているのは電子書籍になります。
電子書籍って何?
という方はこちらをどうぞ
>>『初心者向け』電子書籍の使い方-DMMブックスがお得な理由6選

八雲さんは餌づけがしたい-その後の展開に関わる話を8巻から紹介

八雲さん(28歳)未亡人。
大和くん(高校1年生)。
2人の関係を描くストーリーを紹介していきます。

第51話「のこりものバイキング」

いつもは夕食だけ食べにくる大和くんですが、休日に偶然朝から八雲さんと出会いました。

お腹を空かせている大和くんに、一緒に朝食を食べようと提案します。

20分で時短料理をする八雲さん。

そして、いつものように大量に食べ、練習に出る大和くん。

八雲さんは「いってらっしゃい!」と送り出します。

と、その背中が元旦那さんと重なりました

大和くんは成長するたびに元旦那さんに似てくるようです。

今日もご飯を作って待ってるからね、と八雲さんは思うのでした。

第52話「八雲さんちの肉じゃが」

八雲さんが一人ではじめて挑戦した料理が肉じゃがです。

ちょっと辛めにするのがポイント。

初めて作ったものをお父さんに褒めてもらって、そこから料理好きになったのでした。

大和くんにも振舞うと大好評。

夕食後にお夜食としても肉じゃがの残りで作ったうどんを振舞います。

両親のことを思いだした八雲さん。

その後のお母さんとの会話。

「こういうこと言われるの嫌かもしれないんだけど
いつでも家に帰ってきていいんだからね」

これに対して八雲さんは
…ありがとう もう少しだけ…
1人で居させてね

と言うのでした。

まだ元旦那さんが亡くなったことの傷は癒えていないようです。

第53話「トナリのキレーなオネ―サン」

八雲さんは友だちの結婚式に呼ばれました。

友だち三人で向かいます。

その友達の1人がスーツで来ていて、その後姿を大和くんは目撃します。

八雲さんが男の人とデート!?

大和くんはそう思い込みます。

練習中なのにボーっとしてしまったり、ボールをおもいっきり飛ばしたり。

自分では意識しないようにしているのに、どうしても八雲さんのことが浮かんでしまいます

大和くんは今日は一人で夕飯。

その後にトレーニングをアパートの庭でしていました。

すると、八雲さんが帰宅。

話を聞き、スーツが女の人、かつ着飾っていたのも友達の結婚式だということを聞いて安心した大和くん。

「さっき下で待っていてくれてありがとう。」

大和くんはこの言葉に自分が下で八雲さんを待っていたことに気がついたのでした

しかも、話を聞いたときに大和くんは自分がホッとしたことも自覚します。

俺、めっちゃ待ってるじゃん…

気がついて外を走ってくるのでした。

第54話「CLOUDY HEART」

八雲さんは大和くんの練習試合を見に行きます。

大和くんの好きなから揚げをたくさん作りました。

と、大和くんを見つけますが、ファンが取り巻いていて、しかもお弁当をプレゼントしてもらえたようです。

八雲さんはそれを見て、自分が作ったお弁当は他の野球のメンバーにあげて帰ってしまいました。

「…からあげおいしくできたのにな-
全部全部おいしくできたのになぁ
全部大和くんにおいしいって食べてほしかったな」

家に帰って寝ころびながらそう思う八雲さん。

いつの間にか寝てしまって、気がついたら夜中の11時30分でした。

大和くんから体調大丈夫ですか?

というメッセージと一緒に洗った八雲さんのお弁当。

すべて大和くんが平らげたようです。

八雲さんはこれはいけないと自分で反省します。

それから

これ 合鍵!

なんと、合鍵を大和くんに渡します。

「次から私が出なかったら鍵あけて入ってきて!」

大和くんはそんなに大事なものを持ってていいのか聞きます。

大和くんに持っててほしいの!

八雲さんは笑顔で答えました。

第55話「私のストレートボール」

そろそろ私の気持ち 大和くんにちゃんと伝えないとね

そこから何かを八雲さんは大和くんに伝えようとします。

お好み焼きセットを夕食に用意。

鉄板はゆっくりとお好み焼きを焼いていきます。

その間に「ちょっとだけ お話してもいいかな」という八雲さん。

「大和くんにね ちゃんと伝えなきゃダメなことあるなって思って…
こんなこと言うの
ホントーーーーに恥ずかしいんだけど」

八雲さんは大和くんの手をとります。

毎日 私のご飯食べてくれてありがとうございます
私 本当に幸せです
これからもよろしくお願いします

告白かと思いきや、いつも思っている気持ちをただ大和くんに伝えました。

八雲さんは旦那さんを亡くしています。

なので、思ったことはいつも言えるようにしておきたかった。

そうしないと いつ
言えなくなっちゃうか わからないからね

大和くんもそれにならって帰るときに言いました。

「毎日 俺に 飯作ってくれて
ありがとうございます
こちらこそ よろしくお願いします」

第56話「さくらの大運動会!」

さくらちゃんは大和くんの妹です。

大和くんのお父さんがさくらちゃんの運動会に出られないため、八雲さんにお願いしました。

八雲さんはお父さんの代わりにさくらちゃんの写真をたくさん撮ります。

さくらちゃんは今までやったことなかった二人三脚も八雲さんが一緒にやってくれました。

母親がいつもいない環境のさくらちゃん。

お弁当を作ってくれたり、二人三脚をやってくれたりとさらに八雲さんが大好きになったのでした。

第57話「三度の飯よりサンマがお好き?」

今日の夕食はサンマ!

大和くんには肉も必要かな、と思いきや、大和くんはお魚も大好き。

と、大和くんの食べ方がとてもキレイで見惚れてしまう八雲さん。

一度、大和くんのお父さんが魚をそのまま食べて喉に骨が刺さってから丸ごと食べるのが大和家では禁止。

それからサンマは骨だけとってキレイに食べるようになったそうです。

八雲さんはサンマよりも、大和くんが美味しそうに食べる顔の方が大好物だと思いました。

八雲さんは餌づけがしたい。-8巻まとめ

この巻では大和くんが無意識的に八雲さんを待っていたことや嫉妬していたことに気がつきます。

さらに、八雲さんも嫉妬してそのことから合鍵を大和くんに渡します。

そして、気持ちを言い合います。

お互いにいつもありがとう、と。

お互い、いなくてはならない特別な存在になってきています。

八雲さん 8巻

>>八雲さんは餌づけがしたい。シリーズ作品 – 男性コミック(漫画) – 無料で試し読み!DMMブックス(旧電子書籍)

ここで紹介しているのは電子書籍になります。
電子書籍って何?
という方はこちらをどうぞ
>>『初心者向け』電子書籍の使い方-DMMブックスがお得な理由6選

 

 

yakumosan 8
最新情報をチェックしよう!